Museum

姫路市立美術館

  • PASSPORT TSHIRTS

2020.12.25 (fri)

姫路市立美術館

この記事をシェアする
  • LINE
世界文化遺産・国宝姫路城を望める歴史と風格ある赤レンガの美術館

赤レンガの美術館として親しまれている姫路市立美術館の建物の歴史は古く、戦前は陸軍の施設として、戦後は姫路市役所として長く使われ、1983年に姫路市立美術館として開館しました。

美術館よりごあいさつ

当館の常設展示室では、國富圭三氏から寄贈された近代フランス絵画「モネからマティスまで」を1年を通じて展示しています。写実主義のコロー、クールベから印象派のモネ、ピサロを経て20世紀絵画に大きな足跡を残したマティスまで、約30点を公開しています。コレクションギャラリーでは、ベルギーなどの海外の近現代美術や郷土ゆかりの美術家の優れた作品などの館蔵品を様々なテーマで紹介しています。
また、企画展示室では、優れた作品を身近に鑑賞してもらえるよう年間3~4本の企画展を開催していますので、ご来館をお待ちしています。

姫路市立美術館オススメ

・アントワーヌ・ブールデル《モントーバンの戦士》1898~1900年(写真左)
・クロード・モネ《ル・プティ=ジュヌヴィリエにて、日の入り》1874年(國富奎三コレクション)(写真中)
・上村松園《花》1910年(写真右)

姫路市立美術館 今後の展示スケジュール

【企画展示室】
2021年1月17日(日)~2月7日(日) 第74回姫路市美術展
【コレクションギャラリー】
2020年10月29日(木)~12月24日(木) 肖像画の魅力
2021年1月6日(水)~2月7日(日) 鉄の技と美-姫路市立美術館の刀剣-
【常設展示室】
國富圭三コレクション 近代フランス絵画 モネからマティスまで

※2021年2月8日(月)~3月31日(水) 館内設備メンテナンスのため、臨時休館
※展覧会名、スケジュール(会期)は変更になる場合もあります。

※なお、記載されている展示・イベントスケジュールにつきましては、新型コロナウィルスの影響により、延期・中止・変更・制限の可能性がございます。詳細につきましては下記美術館ウェブサイトよりご確認ください。ご不便をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。


グラニフスタッフのコメント

赤煉瓦造りの荘厳な建物と、その後ろに見える姫路城天守閣が、美しいコントラストになっています。
館内は近代フランス絵画が常設展示されていて、日頃の喧騒を忘れてゆったり落ち着いた気分になれますよ。
周りに広がる公園も季節や時間によって様々な景色を見せてくれるので、目的も無くふらりと立ち寄っても、十分に贅沢なひと時を味わえる美術館です。



姫路市立美術館

グラニフ パスポートTシャツ

団体割引料金適用
*展覧会によって、割引対象が一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。
*他の割引やご優待との併用はできません。

〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
079-222-2288

開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(2020年12月25日~2021年1月5日)

姫路市立美術館ウェブサイト:
https://www.city.himeji.lg.jp/art/
お問い合わせ: art@city.himeji.lg.jp