はらぺこあおむし×絵本作家 コラボレーションアイテム 特設ページ
アメリカの絵本作家エリックカールが1969年に出版し、世界で4,400万部を超えるロングセラーとなっている絵本『はらぺこあおむし』。50周年を祝して、5人の人気絵本作家とのコラボレーションを実施!それぞれの作家が『はらぺこあおむし』に込めた想いを表現しました。特別なコラボレーションアイテムをぜひお楽しみください。
Eric Carle × graniph Exhibition

絵本作家描き下ろしの原画展示や、絵本が読めるスペースなど、エリック・カールの世界を堪能できる空間をご用意いたします。

会場:グラニフ原宿ギャラリー
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-12-17 ダイヤモンドビル1F
03-6419-3053
会期:2019年3月5日(火)〜 4月7日(日)
時間:11:00〜20:00 入場無料
Eric Carle × きくちちき

きくちちき
1975年北海道生まれ。絵本作家。
2012年「しろねこくろねこ」(学研)でデビュー。
2013年同作がブラティスラヴァ世界絵本原画展で金のりんご賞を授賞。
他の作品に「ちきばんにゃー」(学研)、「いちにのさん」(えほんやるすばんばんするかいしゃ)、「ねこのそら」(講談社)、「ゆき」(ほるぷ出版)、「パパのぼり」(文溪堂)、「とらのこ とらこ」(小学館)、「もみじのてがみ」(小峰書店)など。
アーティストコメント

今回の作品について
悩みながらあれこれ描いているうちに描き慣れた猫がふらっとやってきました。 すると果物を食べていたあおむしから猫はスイカをもらい仲良しになれました。 50年も変わらずたくさんの子どもたちと仲良しでいられるあおむしは本当にすごい。

絵本『はらぺこあおむし』について、エピソードや思い入れなど
息子が小さい頃によく読んでいました。 小さいお子さんはよくやっていると思いますが うちの息子もあおむしと一緒に果物やケーキなど ばくばく食べる真似をして楽しんでいました。 その食べている様子がとにかく可愛かったです。 ぼくも一緒に競争しながら食べていました。
Collaboration Items


Tシャツ
¥2,160
商品詳細はこちら
Eric Carle × tuperatupera


PHOTO RYUMON KAGIOKA
tuperatupera(ツペラ ツペラ)
亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、空間デザイン、アニメーション、雑貨など、様々な分野で幅広く活動している。「かおノート」「やさいさん」「いろいろバス」「うんこしりとり」など、絵本著書多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。絵本「しろくまのパンツ」(ブロンズ新社)で第18回日本絵本賞読者賞、Prix Du Livre Jeunesse Marseille 2014 (マルセイユ 子どもの本大賞 2014 )グランプリ、「パンダ銭湯」(絵本館)で第3回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ、「わくせいキャベジ動物図鑑」(アリス館)で第23回日本絵本賞大賞を受賞。2019年に第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。

http://www.tupera-tupera.com/
https://twitter.com/tuperatupera
https://www.instagram.com/kameyamatatsuya/
アーティストコメント

今回の作品について
この絵本の魅力は、なんといっても穴です。しかけ絵本のパイオニアでもあるエリック・カールさんがこだわって作った穴あき絵本。その穴をテーマにして、丸い形で、あおむしを表現してみました。

絵本『はらぺこあおむし』について、エピソードや思い入れなど
『はらぺこあおむし』は、我が家に3冊あります。子供とたくさん読んでボロボロになった通常の白い表紙のもの、25周年記念の銀色の表紙のもの、そして雑誌のMOEの企画を通して、カールさんから頂いたサイン入りのボード絵本。どれも宝物です。
Collaboration Items


Tシャツ
¥2,160
商品詳細はこちら
Eric Carle × Murgraph

Murgraph
日本をベースに活動するイラストレーターであり美術作家。Murgraph名義で、書籍装画、広告、テキスタイル、ファッション、プロダクトなど、多くの仕事に携わっている他、『よめる よめる もじの えほん』『わかる わかる じかんの えほん』(あかね書房)という絵本を発表している。また、下平晃道の名では「色」と「模様」をテーマにしたユニークな動物や図形を、ガーゼやトレーシングペーパーのような半透明な素材に描いた作品を発表している。

http://www.murgraph.com/
https://twitter.com/shimondaira
https://www.instagram.com/a_shimodaira/
アーティストコメント

今回の作品について
「はらぺこあおむし」に限らず、エリックさんの作品は、多彩な色の世界に加え、紙を塗る、切る、貼るというような、五感で感じる喜びにあふれています。今回の作品では、エリックさんのように、私も、感覚を使って描く、喜びの跡をそのまま活かした「はらぺこあおむし」描きました。

絵本『はらぺこあおむし』について、エピソードや思い入れなど
真っ赤なおかおの、あおむしさん。「あ、穴がある!見て。ここ、食べちゃったんだね」絵本のあおむしさんが食べたのと同じように、息子は幼いころ、この絵本を読みながら、たくさんの食べ物を食べたつもりになっていた。「見て、あおむしさん、ちょうちょになったよ!」
喜ぶ息子の姿を見ていたら、自分の子ども時代の気持ちが蘇ってきました。絵本はタイムマシンのようだなと思いました。
Collaboration Items


Tシャツ
¥2,160
商品詳細はこちら
Eric Carle × ミロコマチコ

ミロコマチコ
ミロコマチコ/画家・絵本作家。1981年大阪府生まれ。生きものの姿を伸びやかに描き、国内外で個展を開催。絵本『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で第18回日本絵本賞大賞を受賞。『てつぞうはね』(ブロンズ新社)で第45回講談社出版文化賞絵本賞、『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房)で第63回小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。ブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレ(BIB)で、『オレときいろ』(WAVE出版)が金のりんご賞、『けもののにおいがしてきたぞ』(岩崎書店)で金牌を受賞。その他にも著書多数。展覧会『いきものたちの音がきこえる』が全国を巡回。本やCDジャケット、ポスターなどの装画も手がける。2016年春より『コレナンデ商会』(NHK Eテレ)で主に歌の絵を描いている。

http://www.mirocomachiko.com/
https://twitter.com/mirocomachiko
https://www.instagram.com/mirocomachiko/
アーティストコメント

今回の作品について
はらぺこあおむしの赤と緑の組み合わせがスイカみたい!と発想したことがきっかけでこの絵を描きました。スイカと同じカタチに積み上げた種もポイントです。

絵本『はらぺこあおむし』について、エピソードや思い入れなど
こどものころからたくさんたくさん読んだので、ボロボロの絵本がうちにあります。チョウになる鮮やかなページは何度開いても、ハッとさせられ、実際の何倍も大きな絵本に見えていました。
Collaboration Items


Tシャツ
¥2,160
商品詳細はこちら
Eric Carle × 福田利之

福田利之
イラストレーター
装画、CDジャケット、絵本、テキスタイルブランド「十布」のデザインなど、さまざまなビジュアル表現を手がける。主な著書に「福田利之作品集」(玄光社)、Baby book(コクヨST)、「いまからノート」(青幻舎)、絵本に「祈る子どもたち」(アリエスブックス)、「赤い金魚と赤いとうがらし」(ミルブックス)、「ぼくはうさぎ」(あかね書房)など。

https://www.to-fukuda.com/
https://twitter.com/tofu4cyome
https://www.instagram.com/tofu4cyome/
アーティストコメント

今回の作品について
大好きな「はらぺこあおむし」の世界の中に、自分の絵で遊ばせてもらえる機会をいただけて、作業も楽しく、とにかく嬉しかったです。

絵本『はらぺこあおむし』について、エピソードや思い入れなど
ちょうど2歳の娘に「はらぺこあおむし」などを読んでいる時期にいただいたご依頼だったので、その後の読み聞かせでは、他の本より力が入ってしまいました。おかげさまで、娘にとっても大好きな絵本のひとつです。
Collaboration Items


Tシャツ
¥2,160
商品詳細はこちら