オリジナル・アートプログラム「ART SCRUM」は、三菱地所が主催する「丸の内15丁PROJECT.」のアート企画。
彫刻の森芸術文化財団プロデュースにより、
「ラグビーは、アートだ。」をコンセプトに、ラグビー経験があり
現在も変わらずラグビーへの熱い想いを持つ、日本を代表する、
美術家、音楽家、建築家、デザイナー15名がラグビーボール等をテーマにした作品を制作。
2019年6月12日(水)から11月2日(土)まで東京・丸の内エリアを中心に、横浜、大阪、大分、箱根と巡回展示していきます。
グラニフは展示作品のエスキースをモチーフに15人のアーティストTシャツを制作しました。
※「ART SCRUM」Tシャツはグラニフ 公式オンラインストア、グラニフ 原宿、グラニフ 北沢プラザ、グラニフ 西宮ガーデンズ、グラニフ マークイズみなとみらい、彫刻の森美術館 Tシャツギャラリーのみの販売となります。

アイテム一覧へ

Schedule

6.12(水)ー 7.15(祝・月)
丸ビル1階マルキューブ
7.18(木)ー 7.28(日)
横浜ランドマークタワー
8.3 (土)ー 8.12(祝・月)
グランフロント大阪
8.15(水)ー 8.25(日)
大分県立美術館
9.7 (土)ー 9.15(祝・月)
箱根彫刻の森美術館
9.20(金)ー 11.15(祝・月)
他丸の内エリア

Collaboration Items

小澤征爾
OZAWA Seiji / 指揮者 成城学園中学校
右プロップ

幼いころからピアノを学ぶ。成城学園中学校で、ラグビーをするが、骨折によりピアノを断念。その後指揮の道へ進み、ボストン交響楽団、ウィーン国立歌劇場などで音楽監督を歴任。 世界中で活躍する傍ら、若手演奏家育成にも力を注いでいる。

O JUN
O JUN / 画家 東京藝術大学
ラグビー部 左ロック

幼少時より、父親に連れられてラグビー応援に、また、プレーは小学5年生から始めた。1982年東京芸術大学大学院美術研究科油画専攻修士修了。現在、美術館やギャラリーなどの展覧会に、作品を出品している。

大巻伸嗣
OHMAKI Shinji / 現代美術作家 東京藝術大学
ラグビー部 フルバック

ラグビーは東京藝術大学入学と同時に始める。日本国内のみにとどまらず、世界中のギャラリー、美術館などで意欲的に作品を展開している。

河北秀也
KAWAKITA Hideya / アートディレクター 東京藝術大学
ラグビー部 フッカー

東京藝術大学入学と同時にラグビー部へ入部。1971年東京藝術大学美術学部工芸科ビジュアル・デザイン専攻卒業。1972年東京地下鉄路線図のデザインを手がける。1974年日本ベリエールアートセンター設立。麦焼酎「いいちこ」のデザインで一躍有名に。現在東京藝術大学名誉教授。

小林孝亘
KOBAYASHI Takanobu / 画家 愛知県立芸術大学
ラグビー部 スタンドオフ

愛知県立芸術大学入学と同時に、ラグビー部へ入部。1986年愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業。タイ・バンコクと日本を行き来しながら制作を続けた後、現在は日本を拠点に美術館やギャラリーで制作、展覧会を行う。

杉戸洋
SUGITO Hiroshi / 画家 愛知県立芸術大学
ラグビー部 左フランカー

愛知県立芸術大学入学と同時に、ラグビー部へ入部。1992年愛知県立芸術大学美術学部日本画科卒業。国内外の美術館で個展やグループ展を開催。現在、東京藝術大学美術学部絵画科油画准教授。試合中に半月板を痛めて、今でも雨が降るとラグビーをしていたことを思い出す。

中瀬康志
NAKASE Koji / 彫刻家 弘前高校、東京藝術大学
ラグビー部 左フランカー

弘前高校でラグビーを始める。東京藝術同大学助手を経て、1986~88年、旧西ベルリンにて活動。帰国後、国内外に於いて屋外を中心に場の特性を活かした作品制作、プロジェクト、パブリシティーワークなどを行う。60代になった今もなお、東京藝術大学ラグビー部OBとして、試合に出場している。

永山裕子
NAGAYAMA Yuko / 画家 東京藝術大学
ラグビー部 マネージャー

東京藝術大学入学と同時に、ラグビー部のマネージャーとなる。1987年、東京芸術大学大学院(彼末宏教室)修了。国内、外で個展多数。http://www.nagayamay.com/

名和晃平
NAWA Kohei / 彫刻家 京都市立芸術大学
ラグビー部 スタンドオフ

中学時代の部活動としてラグビーを始める。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。中学から大学のOBチーム含めて、合計15年間プレーを行い、ポジションはずっとスタンドオフ。

橋本夕紀夫
HASHIMOTO Yukio / 空間デザイナー 愛知県立芸術大学
ラグビー部 右ロック

愛知県立芸術大学に入学後、ラグビー部へ入部。1986年、愛知県立芸術大 学美術学部デザイン科卒業。1997年、有限会社橋本夕紀夫デザインスタジ オ設立。ホテルやレストランなどの空間デザインを手掛ける。

坂茂
BAN Shigeru / 建築家 成蹊小中高校
ラグビー部 ナンバーエイト

小学校からラグビーをはじめ、高校時代では全国大会出場、ロスアンゼルスラグビークラブにも参加。1984年にクーパー・ユニオン建築学部(NY)を卒業。2014年にはプリツカー建築賞を受賞。世界各地で災害支援プロジェクトを従事する他、京都造形芸術大学、慶應義塾大学で教授も務める。

舟越桂
FUNAKOSHI Katsura / 彫刻家 和光学園、東京造形大学、東京藝術大学大学院
ラグビー部 右センター

幼稚園の頃から、同じ学校の敷地内の高校生のラグビーの練習を見て育つ。東京造形大学3年次に我慢できなくなり、ラグビー部を創立。東京藝術大学大学院に進学してからもラグビーに親しみ、卒業した後もOBとしてラグビーを続ける。国内外の美術館で展覧会や作品所蔵がある。

松井紫朗
MATSUI Shiro / 彫刻家 京都市立芸術大学
ラグビー部 右ロック

京都市立芸術大学入学後、夏休みの後に、ラグビー部へ入部。作品は、多様な素材、ユーモアと理知を備えた独自の立体造形で注目を集める。中でも「Message in a Bottle」は、NASAとJAXAの協力によって、現在地上ミッションを展開中。現在京都市立芸術大学教授。

三沢厚彦
MISAWA Atsuhiko / 彫刻家 東京藝術大学
ラグビー部 フルバック

東京藝術大学入学と同時にラグビー部へ入部。当時ラグビーが盛んで、ラグビー部は補欠がいるほどメンバーが多かった。1989年、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。ラグビー精神のもと制作を続け、日本各地の美術館で個展を開催している。

水野学
MIZUNO Manabu / クリエイティブデザイナー 多摩美術大学
ラグビー部 スタンドオフ

多摩美術大学時代、ラグビー部に所属。1998年にgood design company 設立。ゼロからのブランドづくりをはじめ、ロゴ制作、商品企画、パッケージデザイン、インテリアデザイン、コンサルティングまでをトータルに手がけ、国内外のデザイン賞などで多数の受賞歴を持つ。

商品一覧ページへ ▶︎