Museum

岡崎市美術博物館

  • PASSPORT TSHIRTS
  • COLLECTION TSHIRTS

2020.12.25 (fri)

岡崎市美術博物館

この記事をシェアする
  • LINE
自然豊かな公園の一角に位置する美術博物館として「マインドスケープ・ミュージアム」の愛称で親しまれています。

岡崎中央総合公園内にあるマインドスケープ(心の風景)・ミュージアム。その名のとおり、世界で初めて「心」をテーマに語る美術品が収蔵・展示されています。アート名建物と木々の紅葉や恩賜池に浮かぶ鳥たちを眺めているだけで心が和みます。スロープ上の博物館入り口アトリウムも必見です。

美術館よりごあいさつ
 

自然豊かな岡崎中央総合公園の一角に位置する当館は、美術作品と博物資料の2つの分野を紹介する「美術博物館」として1996年7月6日に開館しました。栗生明氏の設計による当館の建築は、屋上から立ち上がるエントランスのアトリウムを特徴とし、透過性の高いガラスにより自然環境との一体化を目指しています。
収蔵品は、岡崎生まれの英傑・徳川家康の生きた時代や地域に関する資料をはじめ、西洋のバロック絵画からシュルレアリスム、現代美術まで、「心」を伝える美術品・博物資料を幅広く収集しています。これらの収蔵品を中心に展示する収蔵品展のほか、企画展など年間約6回の展覧会を開催しています。


岡崎市美術博物館オススメ
 

・フランス・フランケン2世「聖イーヴ」17世紀(写真・左)
・ルネ・マグリット「マグリットの落とし子たち」より「マザーグース」1968年(写真・中)
・「紺紅糸威二枚胴具足」江戸時代(写真・右)


岡崎市美術博物館 今後の展示スケジュール

2020年11月28日(土)~2021年1月11日(月) 郷土ゆかりの画家 中根 寛展
2021年1月23日(土)~3月21日(日) 暮らしのうつりかわり~魅せます!土人形~
2021年4月3日(土)〜5月16日(日) 岩合光昭写真展 どうぶつ家族/ねこ科


※なお、記載されている展示・イベントスケジュールにつきましては、新型コロナウィルスの影響により、延期・中止・変更・制限の可能性がございます。詳細につきましては下記美術館ウェブサイトよりご確認ください。ご不便をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。


グラニフスタッフのコメント

広大な敷地の岡崎総合中央公園の中にある美術博物館。その名の通り、美術館と博物館が一緒になっているので見ごたえ抜群です。表から見るのと裏から見るので建物の雰囲気が全然違うので是非行きと帰りは違う出入り口を使ってみてください。


ヴィクトル・ブローネル / Victor Brauner(1903-1966)
ルーマニアのピエトラ・ネームツに生まれ、画家・彫刻家・職人として活動した。父親の影響で、早くからオカルトや交霊術に関心を示す。1919年にブカレスト国立美術学校に入学し、絵画制作を始める。28年から31年までダダ・シュルレアリスム雑誌『UNU』に協力し、30年のパリ移住後は、シュルレアリスムグループと親交を深めた。本作「誕生の球体」は岡崎市美術博物館に所蔵されている。

グラニフ パスポートTシャツ

団体割引料金適用(展覧会により異なります)
*美術館受付で案内されるオペレーションが優先となります。
*他券との併用はできません。

〒444-0002
愛知県岡崎市高隆寺町字峠1番地
0564-28-5000

開館時間:10:00〜17:00 (入館は16:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、年末年始 ※展示替え期間は臨時休館いたします

岡崎市美術博物館ウェブサイト: https://www.city.okazaki.lg.jp/museum/