Collaboration

  • EVENT

2021.09.08 (wed)

2021年9月8日(水) GOOD ON THE REEL コラボレーションアイテム登場

この記事をシェアする
  • LINE
心に響く歌詞やメロディで独自の世界観を奏でるロック・バンド GOOD ON THE REEL。
メンバーは千野隆尋(vo)、伊丸岡亮太(g)、岡﨑広平(g)、宇佐美友啓(b)、高橋誠(ds)の同じ学校で出会った5名からなる。グラニフで働いていた過去がある千野隆尋との座談会で語られた思い出のデザインの中から、グラニフオリジナルデザイン「ブレーメン」とのコラボレーションです。座談会の様子と共に、GOOD ON THE REEL の世界観をお楽しみください。

GOOD ON THE REEL

2011年のデビュー以降、心に響く歌詞やメロディで独自の 世界観を奏でるロックバンド。バンド名は"なんか良い感じ"の意味。
2011年のデビューから試聴機をきっかけとした口コミだけで爆発的な反響を起こし、ワンマンチケットは数時間でSOLD OUT。
2015年のメジャー・デビュー後の2016年には、自主ライブ企画「HAVE A "GOOD" NIGHT」50回目の開催となる日比谷野音公演も完売。
2019年には、自ら立ち上げたレーベル lawl records としてユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、新たな出発を迎える。2021年10月6日(水)にはバンド初となるベストアルバムのリリース、10月16日(土)には USEN STUDIO COAST にて15周年ライブの開催が決定している。
多くの楽曲がドラマや映画に起用されるなど彼らの創り出す楽曲は要チェックだ。

▷▷ 十五夜のうさぎ、 何見て跳ねる?
  
15th Anniversary オフィシャルページ
▷▷ homepage
▷▷ twitter
▷▷ instagram




GOOD ON THE REEL × グラニフ 復刻デザイン

元グラニフスタッフの Vo. 千野さんとの思い出座談会


人気バンド「GOOD ON THE REEL」の千野さんは、実は元グラニフのスタッフでした。当時、千野さんと一緒に働いていたスタッフと思い出話に花を咲かせながら、もう一度着たいグラニフのデザインについての座談会を開催しました。

 


座談会 参加者

-----------------------------------
・千野隆尋 (GOOD ON THE REEL)
GOOD ON THE REELのボーカル。2008年から2014年までグラニフの店頭スタッフとして勤務。

・スタッフT (グラニフ)
下北沢時代の店長。

・スタッフA (グラニフ)
下北沢時代の同僚スタッフ。

・スタッフS (グラニフ)
新宿時代の同僚スタッフ。

・スタッフN (グラニフ)
今回担当のデザイナー。

司会進行 ・いしかわ (グラニフ)

-----------------------------------
 
千野さんのTシャツの好み

T ) 千野くんは傘のモチーフが好きだった記憶。そんなことない?
千) まあ、 バンドロゴにもしてましたしね。
S ) サインにも入ってたもんね。
千) 入れてましたね、 昔はね。 今なくなっちゃったけど。
T ) ないんだ?
千) 今は太陽と月みたいなマークですね。
千) 「ポラロイド」 も覚えてる!最初の方に支給でもらった気がする。あ、 俺これすきだったなー 「アリス」 みたいなやつ。デザインが面白いなと思った記憶がある。
 

石) せっかく社内のメンバー呼んでるのに、千野さんが一番覚えてるんですよね。
全) wwwwwwwwww
A ) この辺よく着てましたよね
千) あーあったねー!

 

A ) これもよく半袖着てましたよね
 
 
 
千) あーそれ着てたかも
T ) それ私も覚えてる!
N ) (支給の)月3枚をどういう風に選ぶかってところですね


*グラニフの店舗で働いているスタッフは、好きなデザインのTシャツを 月に3枚まで選び、『ユニフォーム』という形で支給されます。

A ) あ、ネコをよく貰っていたイメージがあります
千) あー、ネコは普通に好きですよ。  あ、なんか昔グレーのTシャツでデカく蝶々だけ白黒で  載っているTシャツありましたよね。  グレーで普通に黒のインクだけでデカい蝶々。  俺あれ好きだったんだよね
 
千) 水彩っぽいの好きで、水彩っぽいのよく着てたよね?  写真家さんとか画家のコラボとかはかなり食いついていた気がする
T ) ちょっとボヤボヤしたやつ好きだったよね

千) わーかっこいいな。やっぱ蝶々かっこいいな。 虫とか蝶々とか自然系好きなんだよな
S ) これかな?さっき言ってたの
千) あ、初期の頃、気に入ってた俺。(ドリッピングバタフライ)あー懐かしい、あったなこんなインパクト大なやつ。

 


千) この頃箔プリントが多くなりましたよね
N) 箔とかジルコニアって言うんですか?スワロフスキーみたいなやつ
T ) スワロフスキーあったな
千) これ割と人気だったな、スリーピーパンダ

 

 
N ) パンダ人気でしたね。かわいいキャラクターがパンダあたりから。パンダが(かわいいデザインの)走りかも
千) たぶんそうですよね。 サーフみたいなのがあったり
石) ブランドにかわいいってイメージありますもんね。僕はそういう印象でした
千) 俺はクールなイメージでした。 影絵とか、 それこそブレーメンとか
T ) 影絵あったな最初の方
千) 最初めっちゃあって影絵とデザインとタイポみたいな!   こういう、 だから、 「ピースフルフラワー」 とかもそうだけど   影系が売れましたよね

千) あーこれ懐かしい!良いデザインですね。 懐かしい。 拳銃から木みたいななんかこれすごい懐かしいな
 


千) これ着てたっすね。 アジサイの刺繍
T ) なんかアジサイも好きじゃなかった?
千) 入ってすぐに俺これ着てたんすよ。 お店で。 アジサイとか好きです。



千野さんのTシャツの選び方

石) 月3枚を選ばれる時に色のバランスとか気にしたりしてたんですか?
千) いえ
石) 本当に好きなTシャツを選んでいたんですね
千) そうですね。基本的には着やすいTシャツを選んでいた傾向がありました。
コントロールベアとかはデザインとしては凄いなって思うんですけど、着る勇気がなかった。
ただあれもぶっ飛んでていいなって思ってました
石) 支給されたTシャツでライブっていうこともあったんですか?
千) いえ。あ、でも全国流通でCDを出す前、本当にそれこそグラニフ入る前かな?
21−22の時にグラニフのTシャツ、それこそ鍵盤と手の影のやつとか、あとインクが3色くらいバッとなったようなやつとかはライブで着たことあります。

 

当時の思い出話

N) 千野さんは5年くらいいらした?
石) 5年ちょっとですね
千) 俺がフィニッシュ(退職)を告げたのは、下北沢店でしたね。
下北沢店でTさんに二人っきりの時に伝え、涙の辞めますを伝え、
石) その時、Tさんが店長? そして、 その時に着ていたのが ・ ・ ・
千) wwwwwwww その涙が滲んだ Tシャツ思い出したいですね! なんだろう!何着てましたっけ?俺。
T ) 千野くん、ベージュ。ナチュラルベージュ、グレー、白、ブラック、が多かった気がする
千) そうですね。とても合わせやすい色ばかりを選んでいましたね。
昔、影で鍵盤ちょっとと、手だけみたいなデザインがあったんですよ。あれ、俺がグラニフ入る前なんですけど、 あれ好きだったんですよね。 よく着てたな

石) じゃあグラニフに入る前からグラニフのことご存知で
千) あ、 知ってました。 東京に出て下北沢の小さいグラニフに行って、Tシャツを買ったんですけど、その時の店員さんがTさんだったんですよ。
で、Tさんに接客されて、こんな優しい、こんな人と知り合いになりたいなって。割と接客に温かいイメージがあって、それもグラニフを受けるのにあったかもしれないですね
石) Tさんきっかけだ!
千) アットホームな感じがして、でも入ってみたら入ってみたで、とても厳しかったんですけどね
全) wwwwwwwwww
石) 優しいお姉さんだったはずなのに ・ ・ ・
千) それぞれのお店の店長たちは皆さんしっかりしてらっしゃったので。 Tさんはよく下北で勤めてる時はよく休憩でお昼ご飯一緒に食べてた。
T ) そうそうそう
千) めちゃくちゃ行きましたよね
T ) めちゃくちゃ行った!
石) あの辺はお店も多いですもんね
千) カフェ飯っぽいところ
T ) 二人ずつ行けるので一緒に
千) だいたい最初に行きたいから

 

A ) 一番最初の組だけ二人で行ける。 そのあとは皆一人ずつ。他のスタッフはTさんと千野さんいる時はもう 「一番はお二人で」って
千) そうだったの!?
石) 自然とそうなっていた訳ではなくて、実はみんなが気を遣ってたんだね
千) でも、皆休憩何番がいいですかってなると一番に行きたがらないんですよ
T ) それはみんなが気を遣ってたからなんじゃ
千) そういうこと? 休憩行って、最初1時間あるじゃないですか。ライブハウスなんですけどランチがやってて。そこ行った時にご飯食べて催事でそこでリンパマッサージやってたの
T ) wwwwwww
千) ちょっと受けない?って言って休憩時間ギリギリまでリンパマッサージ受けて帰ってきたの。
いや、ちょうどやってたから!
石) Aさんが遅いなって思ってたのは
千) いやいやいや。ちゃんと
A ) 何回か急いで入ってきてた
千) それ、リンパマッサージの時だ。 ・ ・ ・ ありましたね。


N ) ライブの日も(シフト) 入ってたり?
千) いや、 ライブの日は基本おやすみをいただいてうまくシフト組めないですもんね。
時間がないというか、大体ライブハウスとか昼過ぎには入らないといけないんで、14時入りとかで。
そこからリハやって本番あるんで、 ちょっとねライブの日はできなかったですよ。ツアーとか曲作り、レコーディングの制作とかとバイトするのが被った時にすごい辛かったイメージがあります。
バイトの休憩中にも歌詞を書かなきゃいけない。休憩中に書いてたり。当時はスケジュールがカツカツだったんですよね。それでかなり苦しかったイメージありますね。
ただ、だからこそエモーショナルな歌詞が書けたってのもありますけどね。
そうやってやっていたからこそのハングリーな感じ。それは逆に今はなくなっちゃったんで。
あの時、 マジでツアー中とかで地方行って帰ってきて次の日バイトの時とかチョー辛かったですね
T ) 「今帰ってきたんですよ」 みたいな時あったよね
千) 夜走りで関西からライブ終わって、打ち上げして、夜そのまま深夜走ってきて朝方着いてシャワー浴びてバイト行ったとかはありました。
石) ハードですね
千) 逆に迷惑ですよね。 そんな状態で出られてもみたいな。
N ) 青春の感じがしますよね

 

デビュー当時の思い出

N ) デビューして何年くらいグラニフにいらしたんですか?
千) インディーズデビューしたのが 2012年とかかな? 2月かな?
はじめてのCD。今年15周年。あ、結成15周年か! 
てことは、2011年2月に全国流通で最初に出したんで、 3年ぐらいグラニフにいて
石) その間だとミニアルバムが5枚目までリリースされてますね
千) バイト、ライブもあったんであんまりシフトも入れられてなかったし、かなり迷惑かけてたんで。
スケジュールとか、なので「辞めるか」って感じでしたね
石) 「オルフェウスの五線譜」をリリースして、その後、先ほどの「涙の下北沢(退職)」に繋がると。
千) たぶんそうですね。


いつかグラニフとコラボできたらいいよね

T ) 夢かもしれないんだけど、 「いつかグラニフとコラボできたらいいよね」 って話してなかったっけ?
千) あーたぶん。 そんな話たぶんしましたね。
T ) 昔そんな話したなって
千) なんかそれ、 俺も思います。 たぶんした気がします。



LINE UP  - 2021年9月8日(水)リリース -
 

GOOD ON THE REEL と、 グラニフオリジナルデザイン 「ブレーメン」 とのコラボレーション。 フロントには GOOD ON THE REEL とバンド名が入り、 バックには15周年のロゴとメンバーのシルエットがデザインされています。 誰のシルエットかわかりますか?動物もヒントになっているかも?!