Artist

長場雄 イラストレーター、アーティスト

  • ARTIST
  • INTERVIEW

2020.06.16 (tue)

イラストレーター、アーティスト 長場雄コラボレーション

この記事をシェアする
  • LINE
シンプルなラインで心をつかむ人気イラストレーター
無駄のないシンプルなラインと柔らかい画風の人気イラストレーター長場雄さん。人物やキャラクターの特徴を描き、完成されたイラストはとてもシャレている。若い男女から大人までを虜にして今や様々な媒体で目にしない日はないくらい活躍する長場雄さんとグラニフによるコラボレーションアイテムが2020年6月30日(火)リリース。「Art×Media」では長場雄さんのアーティストとしてのルーツから制作風景をインタビュー。さらにグラニフとの出会いや今後の活動についてお話しを伺いました。
長場雄 / Yu Nagaba


1976年東京生まれ。
東京造形大学デザイン学科卒業。アーティストとして個展を開催する他、雑誌、書籍、広告、様々なブランドとのコラボレーションなど領域を問わず幅広く活動。過去のワークスに、ASICS、G-SHOCKとのコラボレーション、その他、マガジンハウス、RIMOWA、Technics、Spotify、Universal Music、Monocleなど国内外問わず様々なクライアントにアートワークを提供している。

▷▷ instagram


長場雄さんへのインタビュー

---長場さんが絵を描き始めたのはいつ頃ですか?また絵を仕事をしようと思ったきっかけをお聞かせください。

子供の頃からよく絵を描いていました。家族に絵を見せて褒めてもらえるのが嬉しく、たくさん描いていました。その頃から自分には絵を描くことが向いてるのではと思っていたので、絵に関係する仕事につけたらいいなと思っていました。

---いまの作風はどのような経緯から生まれたのでしょうか?

色々なタッチの絵を描けたのですが、自分にしか描けないものを作り出したいと思い1〜2年試行錯誤し2014年に生み出しました。

確かにシンプルなラインですがどこか独特でパッと見て長場さんのイラストだと気付きます。描くモチーフのチョイスも長場さんならではのセンスが出てますよね。
次に気になる仕事場の様子を伺いました。


---仕事場のこだわりはございますか?

自分のペースで制作したいと思い、最近都心から離れ緑の多い場所に引越しました。

---左と下の写真が長場さんの仕事場。自然があふれ素敵なアトリエですね。普段使用している画材とお気に入りの画材を教えてください。

3Bの鉛筆と筆ペンです。

---刺激や影響を受けたアーティストさんはいますか?

写真家のウィリアム・エグルストンです。エグルストンの写真を見ると物語を感じとることができ、とても身近に感じます。僕も絵を描くとき見る人に物語を感じとれるような絵にしようと心掛けています。

---交流が深いアーティストさんはいますか?

花井祐介さんやジュン・オソンさんは10年前にロサンゼルスでグループ展を一緒にやってからずっと仲がいいです。海外のアーティストだとジャン・ジュリアンさん。2016年にロンドンで個展をした時に見に来てくれて以来、食事をしたりトークショーをしたり交流を深めています。


グラニフとの関係

あまり知られてないと思いますが、実は長場さんは17年前くらいにグラニフのデザイナーとして働いていた経歴があります。デザイナーとして働いていた当時の様子やグラニフでの思い出を聞いてみました。

---グラニフのデザイナーになろうと思ったきっかけはありますか?

最初はアルバイトとして入り商品の出荷作業などをしていました。当時の社長がデザインの数が足りないということを言われていたので、やらせてほしいと志願したのがグラニフのデザイナーになるきっかけでした。

グラニフは今年で20周年を迎え、現在約140店舗以上展開していますが、長場さんがいた当時はお店も数店舗しかなくデザインはもちろんプリント作業や店舗へ発送準備まで全て自分たちでやっていましたよね。

---当時長場さんがデザインした中で思い出に残るTシャツはありますか?

デザインをやらせてもらって2年くらい経った頃に作った鉛筆で描いた人物画のTシャツです。どのような経緯なのか知りませんが、音楽雑誌のインタビュー記事でベックが着用してくれていました。大好きなアーティストが着用してくれてとても嬉しく思ったのと同時に世界は繋がっているんだなと実感しました。

左(上)の写真がベックが着用してくれた長場さんデザインのTシャツ。当時掲載された雑誌を見て皆んなで興奮して大騒ぎしたのを覚えてます。20代で若かった私たちからしてみたら世界の有名なミュージシャンが自分たちの服を着てるなんて夢のような出来事で嬉しかったですね。まだインターネットもSNSも発展していない頃のアナログな思い出ですが忘れられません。

---デザイナーとして働いていた長場雄さんから見てグラニフはどんなブランドですか?

色々な世代に向けたブランド。デザインの種類が豊富なイメージです。


コラボレーションと今後の活動について

今回のコラボレーションでは都市とカップルのイラストを描いていただきました。(ロンドン・パリ・サンフランシスコ・ニューヨーク・代々木上原)

---長場さんの中でこのカップルのイラストはどんなことを思って描きましたか?

色々な都市に住む若者やカップルを実際に目にし共通して感じたことは、気張ってなくリラックスした雰囲気の人たちでした。そんな子たちの雰囲気を作品に込められたらいいなと思いながら描きました。

---長場さんが実際に行かれた場所もありますか?またその場所でのエピソードなどあればお聞かせください。

すべての場所に行っているのですが、特にニューヨークは思い出深いです。グラニフで一緒に働いていた友人が移り住んでいたので、いろいろなところに連れて行ってもらいディープなニューヨークを楽しみました。

ただカップルを描いただけではなく、その土地のリアルな雰囲気が伝わるのは実際に訪れた経験からなんですね。まだ旅行に行くのは難しい状況が続いておりますので、このTシャツを着て少しでも各都市の気分を味わっていただけたら嬉しいですね。

--今後挑戦してみたい分野やモチーフ、テーマなどございますか?

人物をずっと描き続けているのですが、特にいまは普通の人々に興味があります。普通の人々をどう面白くビジュアル化できるかが今の課題になっています。

---今後の長場さんの活動にも注目です。作品を見る機会や展示の予定はございますか?

年内に個展をやる予定です。


ありがとうございました。
グラニフで働いていた貴重なエピソードや最近引っ越した仕亊場までご紹介いただきました。グラニフ出身の長場さんが世界に羽ばたくイラストレーターとして活躍され、こうして一緒に商品を作ることができ嬉しいです。そんなグラニフとの所縁が深い長場さんとグラニフのコラボレーション必見です。


「長場雄 コラボレーション」
発売日:2020年6月30日(火) グラニフ、グラニフオンラインストアで発売
シンプルな線で描くことが特徴的なイラストレーター、アーティスト、長場雄。個展を開催する他、書籍、広告、様々なブランドとのコラボレーションなど領域を問わず幅広く活躍し、多大な人気を得ています。コラボレーションのための描き下ろし作品を含め、シンプルなのにストーリーを感じられるミニマルアートのアイテムをぜひご堪能ください。


London / ロンドン
コラボレーションのための描き下ろし作品。ロンドンのホテルのロビーで仕事をする、知り合いではなくたまたま横に座っただけの男女のデザインです。テキストと猫は刺繍で表現されています。


New York / ニューヨーク
コラボレーションのための描き下ろし作品。ホテルのルーフトップから、マンハッタンをバックに記念撮影をするカップルのデザインです。メガネは刺繍で表現されています。


Tokyo / トーキョー
コラボレーションのための描き下ろし作品。パンを買って代々木公園に自転車で向かうカップルのデザインです。帽子とテキストは刺繍で表現されています。


San Francisco / サンフランシスコ
コラボレーションのための描き下ろし作品。ミッション地区をドライブするカップルのデザインです。左胸のヤシの木とテキストは刺繍で表現されています。


Paris / パリ
コラボレーションのための描き下ろし作品。パリのセレクトショップに併設するカフェのテラスで、クロワッサンとコーヒーを飲んでリラックスしているカップルのデザインです。サングラスとポーチは刺繍で表現されています。


Reading / リーディング
ポケットに寄りかかるように座って本を読む女の子。刺繍で表現されているので、シンプルだけどかわいい1枚です。


Girl / ガール
女の子の存在感がたっぷりなインパクトのあるデザインです。


Camera / カメラ
カメラをのぞいている男の子と女の子がおしゃれでかわいい1枚です。


Sunglasses / サングラス
サングラスをかけた女の子を、カラフルなラインの刺繍で表現したデザインです。


Dog / ドッグ
モサモサした毛並みがなんともキュートな犬を、胸元に刺繍で表現したデザインです。
Dog Pattern / ドッグ パターン
モサモサの毛並みがなんともキュートな犬たちの、いろいろなポーズを集めたパターン柄です。
*グラニフ「Art×Media」"イラストレーター、アーティスト 長場雄コラボレーション"の記事掲載につきましては、2021年5月31日までとなります。予めご了承ください。