Artist

  • ARTIST
  • EVENT
  • NEWS

2020.04.17 (fri)

世界中の少数民族を、独自の感性で撮り続けている写真家、ヨシダナギ

この記事をシェアする
  • LINE
2020年4月17日(金)ヨシダナギ コラボレーション
アフリカ大陸、ブラジルアマゾンをはじめとする世界中の少数民族や先住民族を撮影・発表し、そのまったく新しい切り口と鮮やかな色彩あふれる作品でメディアから一躍脚光を浴びた写真家、ヨシダナギ。独自の感性で撮り続けている彼女の唯一無二の作品を大胆にアレンジしたコラボレーションアイテムがグラニフより発売いたします。
さらに、2020年5月25日(月)発売される、世界中のドラァグクイーンを被写体とした作品集「DRAGQUEEN -No Light , No Queen-」(ライツ社)のご紹介をさせていただきます。

ヨシダナギ / Nagi Yoshida

1986年生まれ、フォトグラファー。幼少期からアフリカ人へ強烈な憧れを抱き「 大きくなったら彼らのような姿になれる 」と信じて生きていたが、自分は日本人だという現実を10歳で両親に突きつけられ、挫折。2009年より単身でアフリカへ。その後、独学で写真を学び、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。その唯一無二の色彩と生き方が評価され、TVや雑誌などメディアに多数出演。近年はプロモーションビジュアル撮影など国内外での撮影やディレクションなどを多く手がける。

2017年日経ビジネス誌で「次代を創る100人」に選出される。

▷▷ homepage
▷▷ twitter
▷▷ facebook
▷▷ instagram


2020年5月25日(月)世界中のドラァグクイーンを被写体とした作品集「DRAGQUEEN -No Light , No Queen-」をライツ社より発表。
ヨシダナギがニューヨークとパリのドラァグクーン18名を新たな被写体として作品撮影を実施。その作品全57カットを1冊にまとめた新作品集「DRAGQUEEN -No Light , No Queen-」店頭での発売に先駆けて4月1日(水)よりWEBでの先行予約も開始。本作品集では、実際の撮影風景をおさめたプロモーションムービー(ニューヨーク・パリ篇の2本)と、ヨシダナギ自らが発案、行った全18名のドラァグクイーンへのインタビュー映像DVDを特典として付録。ヨシダナギを魅了した彼女(彼)ら自身のバックストーリーも作品と同時にお楽しみいただけます。

さらに作品集出版記念として、個展「DRAG QUEEN -No Light , No Queen- by nagi yoshida」を、全国百貨店・美術館にて実施されます。会場ではグラニフとのコラボTシャツや、オリジナルグッズの限定販売も実施、会場を盛り上げます。なお、全国での個展スケジュールは以下となります。


・6/24(水) - 7/6(水)  阪急梅田本店
・8/12(水) - 8/30(日) 西武渋谷催事場
・10/31(土) - 11/15(日) 松坂屋名古屋
※なお、コロナウィルスの影響により、延期・中止・変更・制限の可能性がありますため、ヨシダナギ公式HPや各会場の随時ウェブサイトを参照ください。


作品集発表にあたってのご本人コメント

「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」幼少期からそう思ってきました。世界中の民族に会いにいき、撮影してきたのも、その想いがずっと心の中にあったからです。今回被写体に選んだドラァグクイーンたちも、私と全く異なる人たちであることが、興味のはじまりでした。「なぜ、あの人たちはこんなにも堂々と美しく、妖艶なのだろうか」と。
そして、実際にニューヨークとパリで出会った彼らの立ち姿には、圧倒的な存在感と言葉にできない美しさ、そして強烈な個性とドラマがありました。それは先住民族や少数民族を見た時に感じたものと、ある種同質のものであり、自らの歴史や自負をしっかりとその肩に背負い、受け入れた人間だけが持ちうるパワーでした。自己肯定と自己矛盾、誇らしさとやるせなさ、そんな複雑に混じり合った感情をまとめて引き受けて、自己表現へと昇華した彼ら自身の強さと美しさ。それらをこの作品集におさめることができていたらと思っています。一度ご覧いただければ幸いです。」色々と暗いニュースが多いこの頃ですが、彼らのドラマ性溢れる魅力とパワーを感じて、少しだけ皆さまにも元気になっていただければ幸いです。

作品集のご予約はこちらから:
amazon ▷▷   『DRAGQUEEN -No Light , No Queen-』 (2020年刊 ライツ社 )



「ヨシダナギ コラボレーション」
発売日:2020年4月17日(金) グラニフ、グラニフオンラインストアで発売

*04/17現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止により、グラニフ国内店舗を一部臨時休業をさせていただいております。
 店舗の営業状況につきましては、 こちら よりご確認ください。

コズミック アフロ / Cosmic Afros
エチオピアのアファール族を撮影した作品「COSMIC AFROS」の作品タイトルからイメージを広げた宇宙的なデザイン。

ボロロの襲来 /  Invasion of Bororo
アフリカで撮影された作品「ボロロの襲来」の人だけをモノクロで抜き、濃淡をズラして重ね、力強さと希少民族の儚さを表現したデザイン。


ピエロ / Clown
作品を切り刻むというタブーを犯すことで、作品の本質に目を向けてもらいたいという想いが込められたデザイン。
スリ族 / Suri
ヨシダナギの作品を通じて、希少民族への意識が再構築される受け取り側のイメージをデザインした1枚。
少年 / Boy
スリ族の少年を大胆なサイズで配置。白と黒のバランスが少年期の危うさを表現したデザイン。