Artist

清水美紅 画家

  • ARTIST
  • EXHIBITION

2020.04.28 (tue)

やわらかなタッチで自らの心の情景を描き出す画家・清水美紅

この記事をシェアする
  • LINE
2020年5月11日(月) 清水美紅 コラボレーション

3331アーツ千代田のホワイトキューブの中、青を基調とした様々な形の展示作品や、大きな布に描かれたやわらかな絵、白い床に蒔かれた花びらやドライフラワーでご自身のブースを彩られていた画家・清水美紅さん。2018年9月、グラニフもイベントTシャツ制作のご協力をさせていただいた手紙社様主催「イラストレーション・フェスティバル」にて衝撃的な出会いをさせていただいてから1年8カ月後、念願のコラボレーションが実現いたしました。
惜しくも開催中止となりました - 清水美紅 個展「私たちは風のかたち」 - (グラニフ原宿ギャラリー)にて展示予定でした作品を期間限定で下記URLよりご覧いただけます。(一部購入可能)ぜひお楽しみください。

清水 美紅 / Miku Shimizu
1984年生まれ、東京都在住。画家。
紙や布、自作の額に絵を描く。近年の題材は、「季節、天気、植物を見たり、感じた時の自分の気持ちの変化」。
その変化を絵のなかの少女に重ね、描くことで記憶し、より前向きに生きることを心がけている。

2018年9月に開催された「イラストレーション・フェスティバル」(手紙社)など多くのイベントや企画展に参加されています。
______________________________

▷▷ homepage
▷▷ twitter
▷▷ instagram
______________________________

▷▷  - 清水美紅 個展「私たちは風のかたち」 -  特設サイト

こちらのサイトは2020年4月28日(火)〜5月28日(木)までの期間限定公開となります。予めご了承ください。


- 清水美紅 個展「私たちは風のかたち」 -   展示予定作品一部

〈本人コメント〉
私の夢のひとつであった、「絵が服になること」。 グラニフさんに叶えていただきました。
このたびの個展は、過去の作品を集めたアーカイブコーナー、服と、その服にまつわる絵の展示や、ライブペイントの空間になる予定でした。個展は残念ながら中止になってしまいましたが、 この機会にぜひこちらのページで作品をご覧ください。


- 清水美紅 個展「私たちは風のかたち」 -

風は見える。
私たちの髪の流れで。
瞼のとじかたで。
ワンピースを纏っていたら、もっと。


 
          
   
    
   
      
 

「清水美紅 コラボレーション」
発売日:2020年5月11日(月) グラニフ、グラニフオンラインストアで発売
やわらかなタッチで自らの心の情景を描き出す画家、清水美紅。透明感のある色彩で、且つ、力強い意思を感じる作品には、記憶に基づいた物語が流れています。描き下ろし作品を含む、美しいコラボレーションアイテムをぜひご堪能ください。

*04/28現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止により、グラニフ国内店舗を一部臨時休業をさせていただいております。
 店舗の営業状況につきましては、 こちら よりご確認ください。

よく見ておこう / Let’s Look Closely
今年の紫陽花は今年にしか見られないから、よく見ておこう。紫陽花だけでなく、目の前の花はその時にしか見られないから、よく見ておこう。そう感じられるような美しい作品。
かもめのように / Like a Seagull
光の中を飛ぶ白いかもめの群れ。青い海とのコントラストが美しい作品。

春分 / Equinox
春の花が咲き誇る美しいワンピース。やわらかくも力強さを感じさせる作品。